血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

フェブラリーS・レースレコード史<レコードクロニクル>

読了までの目安時間:約 3分

 


芝とダートの狭間で

達成年 達成馬 レコードタイム(馬場)<備考>

父・ダート重賞勝利数<芝は全戦での勝利数>

91 ナリタハヤブサ 1:34.9(重)<日本競馬史上初の1分34秒台での決着・ハンディキャップ競走>

ナグルスキー・4勝

05 メイショウボーラー 1:34.6(不)

タイキシャトル・3勝<芝は3勝>

09 サクセスブロッケン 1:34.6(稍)

シンボリクリスエス・3勝

16 モーニン 1:34.0(重)

ヘニーヒューズ・3勝

 
 
良馬場ベストタイム

92 ラシアンゴールド 1:35.4<ハンデGⅢ時代ベストタイム>

ラシアンルーブル・3勝

00 ウイングアロー 1:35.6<GⅠ昇格後初の1分35秒での決着>

アサティス・8勝

02 アグネスデジタル 1:35.1

クラフティプロスペクター・6勝<芝は4勝・GⅠのみで全4勝>

06 カネヒキリ 1:34.9

フジキセキ・9勝

10 エスポワールシチー<タイレコード>

ゴールドアリュール・12勝

 
 
近5年の勝ちタイム

18 1:36.0(良)<45.8-50.2>

17 1:35.1(良)<46.2-48.9>

16  上記参照  (重)<46.1-47.9>

15 1:36.3(良)<34.3-12.6-13.1-36.3>

14 1:36.0(良)<48.0-48.0>

マイルという距離もあり、一定以上の流れにならないとハイレベルの時計にならないのは、芝のレコードの発生理由とほとんど同じ。

ただ、総じて上がりは12-12ラップ以上にならないので、平均ペースでは速い時計は出ない。

が、近年何故だか、流れているのに時計が出なかったり、やけに速かったりとまちまち。

旧コース時代からノーザンダンサー系が幅を利かせていたことに、大きな変化はないが、芝馬の仔がダートで走っていた頃よりは、元からダートのスピード自慢であることが明白なヴァイスリージェント、ストームバードの血を持っていた面々のレコードには、納得できる面もある。

そうなると、今度はスペシャリスト化しすぎて、他のレースで輝けないことも多くなる。

悩ましいが、はっきりと日本のダート馬の進化が見て取れる一覧にはなっているか。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方