血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

2歳馬選定 11月

読了までの目安時間:約 2分

 


重賞回顧から。
京王杯
セカンドテーブルのみ東京1400にフィットした才能を持っていたから、差し馬を連れてきた。高速決着のGⅡだが高評価は禁物。
デイリー杯
タガノエスプレッソの完成度が一枚上という結果。以下人気馬が続いたが、春まで力をキープできた者が生き残りそう。

東スポ杯
サトノクラウンは2戦目で馬込みを捌いて勝ち切ったので文句なし。アヴニールも一応休み明けだから仕方ない部分もあるが、あまり強烈な末脚を持っている感じはない。先行馬はだらしなかった。経過観察が必要。

京都2歳S
世代のキーホースを立て続けに破ったベルラップが、暫定トップに立ったレース。それにやや走路を侵されたダノンメジャーは距離に目途が立ち、それ以下もまずまず走って、スキルアップは図れた印象。人気のティルナノーグは、敗因探しより今後良馬場で巻き返せるかが鍵。

ファンタジーS
スローに流れたことが全てという競馬。が、GⅢ格に違わぬ時計の決着になったから厄介。
2着ダノングラシアスにはちょうどいい競馬だったか。

12クラシック世代と似た構図。それは今の日本競馬を牽引する世代だ。オープン以外の500万勝ち組では、
ルージュバック
ショウナンアデラ
ディアマイダーリン
ら牝馬が活躍。ベゴニア賞快勝のダノンプラチナと黄菊賞2着のレトロロックは今後必見。
もちの木賞楽勝のペプチドウォヘッドは川崎行きを決めたが、芝を使っても面白い。

注目の1勝馬は、ドゥラメンテとシャイニングレイ。あと、デビュー勝ちのロッカフラベイビーとコンテッサトゥーレはJFでも特注。
発想の切り替えの思い切りの良さが勝負を分けそうだ。

 

コラム レース回顧

牝馬路線回顧

読了までの目安時間:約 2分

 


ジャパンカップに登場した超名牝2頭について、まずは触れねばなるまい。
三連覇達成には失敗をしたものの、春にはドバイシーマクラシックでリベンジを果たしたジェンティルドンナの活力には、正直驚かされた。
宝塚記念は昨年以上の惨敗。秋の天皇賞は今年もダメだろうなと思わせながら、最後は内の狭いところをついて、一旦は先頭に立った。
有馬記念でラストランというプラン変更もあるらしい。今の彼女には、今年2度の好走で見せた一瞬の脚で勝負する形は合っている。

ハープスターが帰ってきた。非業の死を遂げた愛ダービー馬との接触がありながら、最後は伸びてきた。
オークス以上の出来にはなかったはずで、それ以上を求めるのは酷だろう。納得の凱旋ランだった。
凱旋門賞で大外を唯一伸びてきた鬼脚は桜の咲く頃にも見ていたものだから不思議なシーンにも映らなかったが、先を見越して早仕掛けを敢行した札幌記念には驚いた。
春のドバイなどは、ぴったりの条件だと思うが。

さて、その2頭がエリザベス女王杯に出てこなかったわけだが、昨年よりはメンバーの質は向上した感じもあり、ラキシスの牡馬相手に戦ってきた強みがフルに活かされた。
ヌーヴォレコルトより楽なローテではあったが、今年の方がレベルが高いといいながら、昨年2着馬が最後捉えきれたのは、鞍上との志高き挑戦の成果というところか。

ヴィクトリアマイルは、新発見の競馬とはならず。
春の府中でスイッチが入る馬。ヴィルシーナやメイショウマンボがそう。でも、季節が変わったら…。
それを分かっていても、日本のツートップと違いが女王杯で見えてしまったことが残念だった。

 

レース回顧

有馬記念展望

読了までの目安時間:約 2分

 


ジャパンカップ回避組の有力馬では、ゴールドシップとウインバリアシオンが筆頭か。
前者は凱旋門賞を使ったこと、後者はコンディショニングに時間を割く必要があったため、適性面を考慮して有馬記念を狙い撃つローテーションをとってきた。
今のシップなら普通に位置をとれると思うし、バリアシオンは春の出来であれば、展開如何では悲願成就なるかという局面を迎えることだろう。
ただ、JC組は強力かつ余力十分。今年も面白いレースになる。

別路線からはトーセンラーやラキシスも参戦予定で、ディープ産駒ではあるが、例年よりは秋の開催をしていない分馬場の保全がなされているので、今年は大威張りで多数出走も考えられる。
その中で、出否微妙もジェンティルドンナ参戦の可能性が出てきた。
恐らく、ここ数年のステイゴールド天国だった馬場状態なら出て来るはずもないのだが、今の彼女には中山の高速馬場は味方するように思う。ブエナビスタより戦法の選択肢が多い。
週末の馬場確認で意思を決めるだろう。

さて、JCは掲示板全て日本のGⅠ馬がジャック。その中で、途方もない破壊力で真の古馬トップホースを粉砕したエピファネイアは、取捨選択における最大のキーホースとなる。
見方によっては、父のようにスイッチさえ入ってしまえば楽勝だろうという見解もあるだろうし、母の性質を考えたらやっぱり中山では割り引きが必要だろうし…。
一応、後の方の見解をとる方が整合性がとれている気もするが、馬券を買う時に考えればいいこともある。
あとは、ワンアンドオンリーとフェノーメノを押さえておけば、3つある馬券対象の2枠分は埋まるはずだ。
 
 
有馬記念の予想に関する特集記事はこちら
 

 

レース予想